CLUB NEW YORK TOKYO すがも店
DMMぱちタウン
DMMぱちタウンの編集部員が3万円で実戦する新規取材企画「ガチIKUSA」。実戦が行われる店舗は以前にも取材を行い(前回の模様はこちら)、非常に優秀な出玉状況だった。今回は初の「ガチIKUSA」ということで前回以上の出玉を期待したいところだが、果たして…!?
熱気と興奮が入り混じるホールに
圧倒的なドル箱の山がそびえ立つ!!

入場は並び順ということもあり、朝9時には30名を超える行列となっていた。オープン時間が近づくにつれ、さらにお客様が集まり、最終的に100名近い人数を確認。スロット90台設置の店に対し、これだけの人数が並ぶとは、ガチIKUSAに対する期待の表れではなかろうか・・・。

朝イチは新台の「パチスロ北斗の拳 強敵」からバラエティまで、あっという間にほぼ満席。15分も経たないうちに「SLOT沖ドキ!」では4台中3台がボーナス当選と好調なスタート。そのような状況の中、「ガチIKUSA」の実戦人は「ニューアイムジャグラーEX」のカド台で、勝負を開始した。

オープンから2時間もすると、ホールの様子は一変。ガチガチにメダルを詰め込んだドル箱が台の上を占拠し、広い通路には早くもドル箱が別積みされていた。なかでも目を引いたのが、リバイバル導入された「やじきた道中記乙」で、カチ盛3箱に及ぶ出玉を獲得。また、13時には公式キャラクターのミラクルボブが登場し、ホールがさらにヒートアップした。

台選びの際に参考となるデータランプは、パチンコ・スロット共に大型表示器が取り付けられており、使い勝手は抜群だ。カウンター前には携帯電話の充電器も設置されているので、機械が空いていれば対応している端末の充電が可能。また、来店でポイントが貯まるサイクルメンバークラブに登録すれば、ポイントで様々な商品と交換できるので、活用してはいかがだろうか。

15時すぎには続々と別積みが築き上げられた。絶好調の「やじきた道中記乙」は、すでにカチ盛で6箱を保有。「パチスロ北斗の拳 強敵」「アナザーゴッドハーデス-奪われたZEUSver.-」「バジリスク~甲賀忍法帖~絆」「パチスロ化物語」では、いずれも3箱以上の出玉を獲得している台が確認できた。DMMぱちタウンの編集部員が実戦しているジャグラーコーナーは、驚くべきことに遊技台の半数以上が1箱以上を獲得していた。

夕方になっても出玉の勢いは止まらなかった。「アナザーゴッドハーデス-奪われたZEUSver.-」では、すでに6箱を獲得している台があり、ATの残りゲーム数を確認すると、なんと残り2000G以上。このままいけば軽く万枚を突破することは、誰の目にも明らかだった。この他にも「バジリスク~甲賀忍法帖~絆」「ミリオンゴッド-神々の凱旋-」「SLOT魔法少女まどか☆マギカ」など多くの台で5箱以上の出玉を目撃できた。

出玉状況は今まで取材したなかでも最大級の凄まじさだったCLUB NEW YORK TOKYOすがも店の「ガチIKUSA」。これほどの出玉と興奮を味わえるとは、今後の「ガチIKUSA」から目が離せなくなりそうだ。なお、「ガチIKUSA」の実戦結果は、DMMぱちタウンのホームページ(http://p-town.dmm.com/)に今後掲載されるので、そちらにも注目してほしい。
取材レポート
  1. 並び順入場のため1時間前には並びたい!?
  2. ジャグラーは半数以上が優秀台!?
  3. リバイバル導入された台は優秀台多数!?
今回レポートした取材
店舗データ
近日開催の取材・来店・旧イベント